養老鉄道検定を受けてみた!!試験の内容は?合格率は5割未満?

表彰式で最高の経験をしました。



SPONSERD LINK


三重県桑名市の桑名駅と岐阜県揖斐郡揖斐川町の揖斐駅を結ぶ、全長57.5kmのローカル鉄道


養老鉄道

 

この養老鉄道についての知識を問う検定が行われました。検定の開催を知った時

 

日頃養老鉄道応援に携わっている者として、養老鉄道のことをどれだけ知っているか確かめてみたい

 

と思い、実際に受験してみました。

 

実際に受験してみてどうだったのか?

試験の内容は?

参加者や合格率はどのくらい?

 

今回は、養老鉄道検定を受験した感想などを紹介したいと思います。よろしくお願いします。

養老鉄道検定を受けてみた!!試験の内容は?合格率は5割未満?

養老鉄道をもっともっと知ろう


今回の検定は、養老鉄道沿線にある岐阜県大垣市で、今年(2018年)に市制100周年を迎えて様々行われている記念事業の一環で、市民提案事業として

 

養老鉄道をもっともっと知ろう

 

というコンセプトで、NPO法人まち創りの企画・運営で行われました。本来ならば、試験日は9/30(日)だったのですが、台風の上陸で延期となり、11/25(日)に行われました。

試験の内容は?

試験概要は

  • 解答方式/4択
  • 出題数/50問
  • 試験時間/60分
  • 合格は6割以上の正解

でした。

 

出題内容は

  • 養老鉄道について
  • 養老鉄道沿線の地域・観光

について問うものでした。

受験してみての感想は?出題内容は?

受験してみての感想は

 

よくもまあこんなマニアックな内容を…

 

と思いました。では、どんな内容だったのか?5問拾い出してみましたので、ぜひ挑戦してみて下さい。
(解答はのちほど)

№ 7
3号線が現在でも使用できる駅は次のうちどれですか。
ア 広神戸駅
イ 友江駅
ウ 駒野駅
エ 多度駅

№13
平成30年11月 1日現在、養老線で営業運転されている車両数は次のうちどれですか。
ア 25両
イ 28両
ウ 31両
エ 33両

№18
列車番号「561列車」の行先は次のうちどれですか。
ア 揖斐駅
イ 大垣駅
ウ 養老駅
エ 桑名駅

№25
養老鉄道に存在しない施設・設備は次のうちどれですか。
ア PC枕木
イ 青信号(進行現示)
ウ 電気転轍機
エ 第3種踏切

№43
養老鉄道西大垣駅は、2007(平成19)年公開の映画「黄色い涙」のロケが行われ、ある人気グループのメンバーが出演しました。この時に出演した人気グループは次のうちどれですか。
ア TOKIO
イ 嵐
ウ KAT-TUN駒野駅
エ 関ジャニ∞

まとめ



SPONSERD LINK


養老鉄道検定

20018(平成30)年11/25(日)実施

主催/大垣市制100周年記念事業実行委員会
企画・運営/NPO法人まち創り
協力/養老鉄道検定実行委員会

試験概要

出題数/50問
解答方式/4択
試験時間/60分
合格ライン/6割以上の正解

おわりに-表彰式で最高の経験をしました。

まずは検定の問題の解答から。

№ 7
3号線が現在でも使用できる駅は次のうちどれですか。
ウ 駒野駅

№13
平成30年11月 1日現在、養老線で営業運転されている車両数は次のうちどれですか。
イ 28両

№18
列車番号「561列車」の行先は次のうちどれですか。
ア 揖斐駅

№25
養老鉄道に存在しない施設・設備は次のうちどれですか。
イ 青信号(進行現示)

№43
養老鉄道西大垣駅は、2007(平成19)年公開の映画「黄色い涙」のロケが行われ、ある人気グループのメンバーが出演しました。この時に出演した人気グループは次のうちどれですか。
イ 嵐

 

どうでしょう?難しかったですか?このような問題が50問出題されました。

 

今回の検定は

受験者/59名
合格者/28名

で合格者の割合が5割に届かず、「やや高い」難度だったかな、と思いました。


合格者には、大垣市が全国シェアの8割を占める桝でできた認定証が贈られ
(正解数が34問以下は四角形、35問以上が5角形の桝でした)


20018(平成30)年12/02(日)に、大垣駅から南へ延びる駅前通りで開催されたイベントで行われた表彰式で、メインステージに立ち表彰されました。私は、42問の正解で成績がトップだったので、大垣市長さんから直々に認定証を授与して頂きました。普段はイベントを見る側の立場が、見られる側の立場になり、ステージに立った時に目にした光景は、一生忘れないものとなりました。

 

養老鉄道を取り巻く経営環境が厳しい中、2016年の東海じゃらん号や2017年のねこカフェ列車などの様々な取り組みが実を結び始め、駅や沿線でカメラを構える方の数が次第に増えているなど周知の広がりをを実感しています。

 

来年(2019年)、養老鉄道は全線開業100年を迎えます。養老鉄道が地域に根差し、地域に愛される存在になり、200年、300年と存続し続けることを願っています。

 

最後になりましたが、養老鉄道検定の運営に携わった関係者の皆様のご尽力、そして市井に埋もれ生きている日々からは想像も出来なかった場所に立ち、表彰の栄に浴する機会を賜ったこと、深く、篤く、衷心より感謝とお礼を申し上げます。ありがとうございました。


SPONSERD LINK

コメントを残す