養老鉄道2017年10月の話題は?音楽列車や記念系統板など

記念列車以外にも、開業10周年の話題がいっぱいの1ヶ月でした。



SPONSERD LINK


2017年10月の養老鉄道は、開業10周年の話題で盛り上がりました。

 

その中のメインは何と言っても、10月1日(日)に、会員制の貸切列車として運転された、

 

「開業10周年記念列車」

 

でしょう。

詳しくはこちらをご覧下さい。

養老鉄道開業10周年記念臨時列車の様子は?運転区間は?-乗車編-

養老鉄道開業10周年記念臨時列車で近鉄南大阪線を再現!?-撮影会編-

 

それ以外にも、10月1日は、もうひとつの特別な列車が運転されました。

 

どんな列車だったのか?

 

また、2017年10月は、1ヶ月の期間限定で、開業10周年記念に関係した系統板などを掲出した列車が走りました。

 

どんな系統板だったのか?

 

今回は、養老鉄道2017年10月の話題を、開業10周年記念関係限定でお届けしたいと思います。最後までお楽しみ下さい。

 

準備はいいですか?

 

それでは、養老鉄道開業10周年記念関係の話題に、

 

しゅっぱつ、
しんこ~~~~~~~~ううううっっ!!

養老鉄道2017年10月の話題は?音楽列車や記念系統板など

もうひとつの特別な列車-音楽列車

では、2017年10月1日、開業10周年を迎えた養老鉄道で運転された、

 

もうひとつの特別な列車

 

とは?

 

それは、一般定期列車のうち1両を、車内で音楽の演奏が楽しめる列車にした、題して、

「音楽列車」

 

です。

演奏に参加したのは?

今回、「音楽列車」で演奏に参加したのは、次の皆様です。

 

岐阜県立岐阜商業高等学校吹奏楽部

詩音(うたおと)

岐阜県立大垣南高等学校オーケストラ部

 

では、順番にご紹介しましょう。

岐阜県立岐阜商業高等学校吹奏楽部

大垣11:06→桑名12:17
岐阜県立岐阜商業高等学校吹奏楽部は、吹奏楽コンクールやマーチング大会への出場、地域行事への積極的な参加、野球応援を活動の柱としています。

主な成績
岐阜県吹奏楽コンクール28年連続金賞受賞
東海大会3年連続18回出場
マーチング大会全国大会16年連続出場
(うち3回金賞受賞)
2017年1月2日アメリカカリフォルニア州パサデナ市で開催された
「第128回ローズパレード」
に、日本及びアジア・オセアニア地域代表として出場

以上大会やコンクールで輝かしい実績を残し腕を磨いているだけあって、とてもレベルの高い演奏です。

演奏の様子は、こちらの動画をご覧下さい。

詩音(うたおと)

桑名12:45→大垣13:54
岐阜県不破郡垂井町を中心に活動している音楽団体。コンセプトは、

「歌が好きで、歌うことが楽しい」

町内の公共施設をはじめとしてボランティアとして活動。

岐阜県立大垣南高等学校オーケストラ部

大垣14:26→桑名15:37
桑名16:05→養老16:47

岐阜県立大垣南高等学校オーケストラ部は、岐阜県内唯一の部活動。弦楽器があるのが特徴。弦楽器は全員入部してから初めて弾くとのことで、管楽器、打楽器など、他のパートとの息の合った演奏を意識し、一体感を重視。

一生懸命さ、ひたむきさが表われている演奏の様子は、こちらの動画をご覧下さい。

開業10周年記念系統板とリバイバル系統板の掲出



SPONSERD LINK


開業10周年記念列車と音楽列車は1日限りの運転となりましたが、これから紹介する系統板掲出のイベントは、10月いっぱい続きました。

開業10周年記念系統板

開業10周年を記念して制作された系統板です。編成を指定して掲出されました。
(掲出対象編成はD21)

 

実は、この開業10周年記念系統板はデザインが2種類あります。揖斐・桑名方は

ベースの下地がゴールドで数字がマルーン色

大垣方は

ベースの下地がマルーン色で数字がゴールド

となっていました。

リバイバル系統板-なし狩号円板

なし狩号は、かつて近鉄南大阪線で運転されていました。それを、

 

養老鉄道の車両の一部がかつて南大阪線を走っていたこと
大垣市の名産品のひとつが「なし」であること

 

にちなんで養老鉄道でリバイバルが実現しました。
(掲出対象編成はD14)

まとめ

音楽列車-もうひとつの特別な列車

演奏参加団体

 

岐阜県立岐阜商業高等学校吹奏楽部

詩音(うたおと)

岐阜県立大垣南高等学校オーケストラ部

開業10周年記念系統板とリバイバル系統板の掲出

開業10周年記念系統板

デザインが2種類
(掲出対象編成はD21)

リバイバル系統板-なし狩号円板

養老鉄道の車両の一部がかつて南大阪線を走っていたこと
大垣市の名産品のひとつが「なし」であること

にちなんで養老鉄道でリバイバルが実現

おわりに

今回は、会員制貸切列車以外の養老鉄道開業10周年の話題を紹介しました。このように、養老鉄道の2017年10月は話題が多彩でした。筆者は貸切列車に乗車していたため、音楽列車には乗yさ出来ませんでしたが、動画で見ると、とても素晴らしい演奏で、乗客も多く、とても良い企画だったと思いました。

また、養老鉄道では今後もさまざまなイベントが計画されているようです。ネタ物を追い掛けてぜひ養老鉄道に足を運んでみてはいかがでしょうか、とまとまったところでお時間がやって参りました。今回も最後までお付き合いいただきありがとうございました。次回もよろしくお願いします。ではまた。


SPONSERD LINK

コメントを残す