養老鉄道D25(625系)が引退?どんな電車?後継は東急の電車?

永らく活躍していましたが、2018年10月で引退することになりました。



SPONSERD LINK


三重県桑名市の桑名駅と岐阜県揖斐郡揖斐川町の揖斐駅を結ぶ、全長57.5kmのローカル鉄道

 

養老鉄道

 

この養老鉄道を走るある電車が、2018年10月で引退することになりました。この電車、養老鉄道で走る電車の中で、他の電車と比較して

 

ちょっと特徴的な点があり

結構個性的な存在

 

でした。

 

では

 

その引退するのはどんな電車なのか?

他の電車と比べて特徴的な点とは?

 

といったことを紹介していきたいと思います。どうぞお楽しみ下さい。

養老鉄道D25(625系)が引退?どんな電車?後継は東急の電車?

2018年10月で引退するある電車とは、こちら

 
D25

 

です。

※D25は、他にも625系、625Fという呼び方がありますが、ここでの呼び方はD25とします。

D25の特徴とは?

冒頭で、D25は、養老鉄道で走る電車の中で、他の電車と比較して

 

ちょっと特徴的な点があり

結構個性的な存在

 

と紹介しました。その、ちょっと特徴的な点を見てみましょう。

特徴的な点①-養老鉄道への転属が他の電車より遅かった

この記事を制作している今現在、養老鉄道の電車は

 

1992(平成4)年から1994(平成6)年

 

 

近鉄名古屋線または南大阪線

 

から転属してきました。しかし、D25の転属は

 

2001(平成13)年

 

で、他の電車より遅れて養老鉄道へやって来たのです。

特徴的な点②-車体の形状など

D25は、車体の形状などに特徴があります

 
車両の角が角張っていたり

屋根のクーラーの高さが高かったり

窓の位置が違ったり
(窓の下部が腰高な感じ)

 

他の電車と違う部分があります。

 

また、D25は

 

あまり揺れす、結構乗り心地が良い電車

 

として知っている人には知られていたので、そのことを知っていた筆者は、D25に乗車した時、ちょっと得した気分を味わっていました。

D25フォトギャラリー



SPONSERD LINK


とD25の特徴を紹介したところで、次はD25の活躍ぶりを画像で振り返ってみましょう。筆者が日頃から撮影してきた画像の中からひっかき集めて来ました。どうぞご堪能下さい。

 
ツートンカラー、徳山ダム号の系統板を掲出したD01と行き違い

2008/06/28
池野

D01の方が貴重な記録だよな…

 
鉄道友の会名古屋支部の養老鉄道開業1周年系統板を掲出

2008/10/11
大垣

 
徳山ダム号の系統板を掲出し、養老鉄道開業1周年系統板を掲出したD21と行き違い

2008/10/19
池野

 
近鉄の電気検測車「はかるくん」と行き違い

2009/09/08
池野

 
桜を背景に、当時はマルーン(今はセンロク塗装)のD04と行き違い

2010/04/04
池野

 
貸切列車として運転されたD04(センロク)と行き違い

2015/10/03
友江駅

 
揺れの少なさ、乗り心地の良さを生かして、車内で食事が楽しめる「薬膳列車」の運用によく充当されていました

2016/04/10
東赤坂-広神戸

 
JR東海「さわやかウォーキング」の参加者を乗せて

2016/11/12
西大垣-大垣

 
いびがわマラソンの系統板を掲出し、D01と行き違い

2016/11/13
東赤坂

この時のD01は、東海じゃらんとタイアップし、外装はラッピング、車内は広告全てがにゃらんずくしで、期間限定で運転されていました。

余談になりますが、こちらで
⇒養老鉄道2017年 3月の話題は?東海じゃらん号運転終了で新たなラッピング電車が登場?

東海じゃらん号を紹介しています。ぜひご覧ください。

 
朝もやからその姿が浮かび上がってくる光景が幻想的

2016/11/20
広神戸-北神戸

 
(おそらく)世界初の試み、電車がねこカフェとなり、車内でねこと過ごせた

ねこカフェ列車

2017/09/10
池野駅

※ねこカフェ列車の様子は、こちらで紹介しています。
 ⇒養老鉄道ねこカフェ列車は全国初の企画!?海外メディアの取材も!?(画像あり)

筆者は乗車出来なかったものの、当日の他のイベントの様子を紹介しています。ぜひご覧下さい。

 
養老鉄道開業10周年記念列車の大役を担う

2017/10/01
西大垣

※養老鉄道開業10周年記念列車の様子は、こちらで紹介しています。

車内の様子など
 ⇒養老鉄道開業10周年記念臨時列車の様子は?運転区間は?-乗車編-

西大垣駅での撮影会の様子は
 ⇒養老鉄道開業10周年記念臨時列車で近鉄南大阪線を再現!?-撮影会編-

ぜひご覧下さい。

 
2017年もいびがわマラソンの系統板を掲出

2017/11/12
北神戸-池野

 
期間限定、「さくら号」の系統板を掲出

2018/03/11
池野

 

しかし、この「さくら号」として運転していた頃から、次第に調子が悪くなり、運転機会が減って…

 
ここ最近は車庫で過ごすことが多くなりました

2018/08/18
西大垣

そして、D25は、2018年10月末を以って引退、となりました。

まとめ

2018年10月で引退するD25

養老鉄道で走る電車の中で、他の電車と比較して

 

ちょっと特徴的な点があり

結構個性的な存在

D25の特徴とは

養老鉄道への転属が他の電車より遅かった

車両の角が角張っていたり

屋根のクーラーの高さが高かったり

窓の位置が違ったり
(窓の下部が腰高な感じ)

など車体の形状などが他の電車と違う部分がある

おわりに-D25の後継は東急の電車

今回は、2018年10月で引退する、養老鉄道の電車を紹介しました。D25は、もともと近鉄南大阪線で活躍していた6020系という電車で、南大阪線では、現在も同系列が活躍しています。にも関わらず引退となりとても残念ですが、車齢は50年を超えていて、電車の寿命から考えると息の長い活躍をした方かな、と思います。D25、お疲れ様でした。

 

また、再度のご案内になりますが

ねこカフェ列車

養老鉄道開業10周年記念列車の様子はこちらで紹介しています。

 

ねこカフェ列車の様子はこちら
 ⇒養老鉄道ねこカフェ列車は全国初の企画!?海外メディアの取材も!?(画像あり)

 

養老鉄道開業10周年記念列車の様子はこちら

車内の様子など
 ⇒養老鉄道開業10周年記念臨時列車の様子は?運転区間は?-乗車編-

西大垣駅での撮影会の様子
 ⇒養老鉄道開業10周年記念臨時列車で近鉄南大阪線を再現!?-撮影会編-

 

D25の活躍を今一度ご覧下さい。

 

ということで、D25は引退しますが、入れ替わりに後継の電車がやってきます。

 

後継はどんな電車か?

 

それは

 

東急7700系

 

です。東京から(車庫は神奈川県横浜市)陸路はるばるやってきて、2018(平成30)年9月1日、3両編成1本が西大垣駅に搬入されました。

 

搬入の様子は、こちらの動画をご覧下さい。

 

 

この電車が養老鉄道を走る日を、今は指折り数えて待っています。運転が始まったら、その様子を紹介したいと思います。
 

今回も最後までお付き合いいただきましてありがとうございました。次回もよろしくお願いします。

 

ではまた。


SPONSERD LINK

コメントを残す