豊田スタジアム首都圏から鉄道アクセス乗り換えは豊橋?浜松もアリ?

首都圏から豊田スタジアムへのアクセス方法をまとめてみました。



SPONSERD LINK


サッカー名古屋グランパスの試合が行われ

 

アーティストのライブ会場になり

 

2019年にはラグビーワールドカップ日本代表の試合が開催される

 

豊田スタジアム

 

以前、豊田スタジアムへの鉄道でのアクセス方法を紹介しました。
 ⇒豊田スタジアム名古屋から鉄道アクセス選び方は?地下鉄?JR?名鉄?

 

こちらでは名古屋からの鉄道でのアクセス方法を紹介しています。名古屋が起点となるアクセス方法は、その利便性から主に地元や名古屋以西がメインになります。当然、豊田スタジアムに出掛けられるのは、関西方面からだけではなく全国各地からだと思います。

 

そこで、今回は人口が一番多い首都圏からのアクセス方法をまとめてみました。首都圏からのアクセスの場合

 

名古屋乗り換えの場合の運賃・所要時間は?

名古屋以外での乗り換え方法は?

 

紹介したいと思います。

№105 豊田スタジアム首都圏から鉄道アクセス乗り換えは豊橋?浜松もアリ?

検索の条件は?

首都圏からの豊田スタジアムへのアクセス方法として、検索は次のような条件としました。

 

出発は東京駅を8時台

列車の時刻は土休日時刻

新幹線は自由席

名古屋で乗り換えの場合

まずは名古屋で乗り換えの場合を見てみましょう。

列車名 出発駅 出発時刻 到着駅 到着時刻
のぞみ15号(新幹線) 東京 08:10 名古屋 09:47
快速(中央本線) 名古屋 10:02 高蔵寺 10:27
普通(愛知環状鉄道) 高蔵寺 10:37 新豊田 11:14

所要時間3時間4分
運賃11,180円(乗車券7,080円 特別料金4,100円)

豊橋で乗り換えの場合

次に豊橋で乗り換えの場合を見てみましょう。

JR→愛知環状鉄道の場合

列車名 出発駅 出発時刻 到着駅 到着時刻
ひかり505号(新幹線) 東京 08:33 豊橋 09:56
特別快速(東海道本線) 豊橋 10:21 岡崎 10:41
普通(愛知環状鉄道) 岡崎 10:45 新豊田 11:17

所要時間2時間44分
運賃9,460円(乗車券6,120円 特別料金3,340円)

名鉄名古屋本線→三河線の場合

列車名 出発駅 出発時刻 到着駅 到着時刻
ひかり505号(新幹線) 東京 08:33 豊橋 09:56
特急(名鉄名古屋本線) 豊橋 10:15 知立 10:46
普通(名鉄三河線) 知立 10:50 豊田市 11:14

所要時間2時間41分
運賃9,460円(乗車券6,120円 特別料金3,340円)

浜松で乗り換えの場合

そして浜松で乗り換えの場合です。

JR→愛知環状鉄道の場合

列車名 出発駅 出発時刻 到着駅 到着時刻
ひかり463号(新幹線) 東京 08:03 浜松 09:30
特別快速(東海道本線) 浜松 09:44 岡崎 10:41
普通(愛知環状鉄道) 岡崎 10:45 新豊田 11:17

所要時間3時間14分
運賃9,460円(乗車券6,120円 特別料金3,340円)

名鉄名古屋本線→三河線の場合

列車名 出発駅 出発時刻 到着駅 到着時刻
ひかり463号(新幹線) 東京 08:33 浜松 09:30
こだま637号(新幹線) 浜松 09:55 豊橋 10:08
特急(名鉄名古屋本線) 豊橋 10:15 知立 10:46
普通(名鉄三河線) 知立 10:50 豊田市 11:14

所要時間3時間11分
運賃9,460円(乗車券6,120円 特別料金3,340円)

浜松乗り換えもアリ?



SPONSERD LINK


このように比較してみると、運賃・所要時間とも一番便利なのは

 

豊橋乗り換え

 

だということが分かりました。

 

しかし、最速の豊橋乗り換えには1つ難点があります。それは

 

ひかり号が豊橋に停車するのは2時間に1本と本数が少ない

 

のです。そこで着目したいのは

 

浜松乗り換え

 

です。浜松乗り換えは、名古屋乗り換えより時間が掛かりますが、運賃は安くなります。そして、浜松にはひかり号が1時間に1本停車します。これなら予定を組みやすいかと思います。

豊橋での乗り換えは2通り?

また、豊橋での乗り換えは

 

JRで岡崎駅→愛知環状鉄道で新豊田駅

名鉄名古屋本線で知立駅→三河線で豊田市駅

 

の2通りあります。豊田スタジアムまでの徒歩の所要時間は

 

豊田市駅(名鉄三河線)からは15分

新豊田駅(愛知環状鉄道)からは17分

 

運賃が同じなら名鉄利用が若干便利かと思います。

まとめ

豊田スタジアム首都圏から鉄道アクセス乗り換えは豊橋?浜松もアリ?

豊田スタジアム首都圏から鉄道アクセス乗り換え一覧

出発は東京駅を8時台
列車の時刻は土休日時刻
新幹線は自由席

豊橋乗り換え

運賃・所要時間とも一番便利
難点はひかり号が停車するのは2時間に1本と本数が少ない

浜松乗り換え

名古屋乗り換えより時間が掛かるが、運賃は安くなる
ひかり号が1時間に1本停車で豊橋より多い

豊橋での乗り換えは

JRで岡崎駅→愛知環状鉄道で新豊田駅
名鉄名古屋本線で知立駅→三河線で豊田市駅

の2通りある

おわりに

今回は豊田スタジアムへの鉄道でのアクセス方法を紹介しました。運賃・所要時間とも一番便利なのは豊橋乗り換えですが、ひかり号が豊橋に停車するのは2時間に1本と本数が少ないため、予定が組みにくい場合はひかり号が1時間に1本停車する浜松乗り換えを選ぶことが出来ます。

 

そしてこの記事が、首都圏から豊田スタジアムへ出掛けられる際の予定計画に役立てばと思います。

 

今回も最後までお付き合いいただきましてありがとうございました。次回もよろしくお願いします。

 

ではまた。


SPONSERD LINK

コメントを残す