淡墨桜お花見に樽見鉄道は便利?混雑する?利用上の注意点は?

淡墨桜のお花見に、樽見鉄道利用をお考えの皆様の参考になれば、と思います。



SPONSERD LINK


こちらの記事で
淡墨桜が訪問者を魅了する理由は?美しさ?生命力?

淡墨桜の魅力について紹介しました。この記事をご覧いただいて、淡墨桜の魅力を感じ、

淡墨桜のお花見に出掛けてみようか

と思っていただければ幸いです。

 

淡墨桜のお花見に出掛けよう、とした場合、移動方法は

 

車・バス

鉄道

 

があります。

 

このうち、鉄道の場合は

 

樽見鉄道

 

を利用します。

 

では

 

樽見鉄道を利用して淡墨桜のお花見に出掛けよう

 

とした場合、

 

時間はどのくらい掛かるのか?

列車は何本あるか?

運賃はいくらか?

 

そして、

 

どのくらい混雑するのか?

 

などなど気になることが出てくると思います。

 

そこで今回は、淡墨桜のお花見に樽見鉄道を利用する上で、参考となることをまとめてみました。一般的なガイドでは目にしない内容もありますので、どうぞ最後までご覧下さい。

淡墨桜お花見に樽見鉄道は便利?混雑する?利用上の注意点は?

ではさっそく、淡墨桜へのお花見の移動方法として、樽見鉄道を利用した場合に押さえておきたいポイントを紹介しましょう。

※なお、以下のデータは記事作成時点のものになります。

乗り換えデータ

乗車駅:大垣駅(おおがきえき)
名古屋からJRの快速等を利用して約30分ほど
米原からは普通列車で約35分ほど

下車駅:樽見駅(たるみえき)

樽見鉄道の終点。徒歩15分で淡墨桜に到着。

所要時間:約1時間10分

距離は約35キロ

運賃:大垣-樽見 片道 大人 920円

乗車券購入方法:大垣駅改札外の自動券売機、樽見鉄道乗り場の窓口、車内清算

(交通系ICカードは非対応)

淡墨桜お花見シーズンの樽見鉄道の特徴



SPONSERD LINK


普段の樽見鉄道は、濃尾平野を地域住民の移動手段として走るのどかなローカル線ですが、淡墨桜のお花見の時期になると利用者が増え、普段とは様子が変わってきます。その特徴を紹介します。

桜ダイヤ(樽見駅まで延伸運転する列車が増える)

淡墨桜のお花見の時期になると、増える利用者に対応するため、

桜ダイヤ

 

と呼ばれる時刻表になります。

 

桜ダイヤとなる時期は、例年、4月1日~4月15日ころです。

 

普段は樽見駅までの列車本数は、途中の本巣駅までの区間運がもあるため

1.5~2時間に1本

 

ですが、それが

 

1時間に1本

 

となるのが桜ダイヤの特徴になります。

混み具合は?

淡墨桜のお花見に樽見鉄道を利用する上で一番気になるのが

 

列車がどのくらい混むか

 

だと思います。普段の樽見鉄道は、通勤・通学の時間帯を除けば、基本的に1両の車両で運転され、車内もゆったり座れます。

 

しかし、お花見のシーズンになると、先述のように桜ダイヤで運転したり、車両を増結したりしますが、それでも座れないこともあり、車内の様子は

通勤電車

のようになります。

 

通勤電車のような車内で1時間移動する

 

と考えた方がいいでしょう。

どんな車両なのか?トイレは付いているのか?

樽見鉄道の車両は

レールバス

 

と呼ばれる、1両で運転出来る車両です。シート形状は基本的にロングシートです(※クロスシート車両が1両あります)。また、トイレは付いていません。

まとめ

淡墨桜へのお花見の移動方法として樽見鉄道を利用した場合に押さえておきたいポイント

乗り換えデータ

乗車駅:大垣駅(おおがきえき)
名古屋からJRの快速等を利用して約30分ほど
米原からは普通列車で約35分ほど
下車駅:樽見駅(たるみえき)
樽見鉄道の終点。徒歩15分で淡墨桜に到着。
所要時間:約1時間10分
距離は約35キロ
運賃:大垣-樽見 片道 大人 920円
乗車券購入方法:大垣駅改札外の自動券売機、樽見鉄道乗り場の窓口、車内清算
(交通系ICカードは非対応)

淡墨桜お花見シーズンの樽見鉄道の特徴

桜ダイヤ
例年、4月1日~4月15日ころ、樽見駅まで運転される列車が増える時刻表になる
混み具合
通勤電車なみの混雑になる

車両の特徴

1両で運転出来るレールバス
シート形状は基本的にロングシート
トイレはなし

おわりに

今回は、淡墨桜のお花見に樽見鉄道利用をお考えの方に、出来るだけ一般的なガイドでは目にしない内容を紹介しようと思いました。淡墨桜のお花見シーズンは、樽見鉄道が1年で最も賑わう時期なので、車内も混雑しますので、ご注意下さい。普段の樽見鉄道は、濃尾平野をのんびりを走るのどかなローカル線です。景色も、トンネルあり、鉄橋あり、バリエーションに富んでいます。樽見鉄道を楽しみ、淡墨桜のお花見シーズン以外にもぜひ足を運んで頂きたいと思います。

 

最後に。

 

桜ダイヤの時期や使用車両など、樽見鉄道を詳しく知りたい際は、樽見鉄道のホームページで最新の情報をご確認の上お出掛けください。
樽見鉄道株式会社【公式】

今回も最後までお付き合いいただきましてありがとうございました。次回もよろしくお願いします。
ではまた。


SPONSERD LINK

コメントを残す