列車が逆方向に動いてビックリ!!スイッチバック、その仕組みとは?(動画・画像あり)

乗ってた列車が駅に到着。そして出発する時、今までの進行方向と反対に動き出したら…、



SPONSERD LINK


「え?え、え??な、何で反対方向に動くの????」

驚きますよね?

「お、おお、おおおお、おいおいおいおい、始発駅に戻っちまうじゃねーかよっ」

ビックリしますよね?

という訳で、今回は、事情を知らないとビックリする、「スイッチバック」という、列車が特殊な動きをする仕組みを紹介したいと思います。「何でこんなことになるのやら」と想像しながら読んでいただくと、なお楽しめると思います。最後までお付き合い下さい。

それでは、出発、進行~っ!!

スイッチバックとは?

「で、スイッチバックって、一体何なの?」

と言う事で、まず説明から始めましょう。色々調べてみると、

 

 

「スイッチバックとは、急勾配を伴う地形における折り返し式(ジグザグ運転を伴う)鉄道線路」

 

 

と説明されています。

「…、は?言葉だけではなんのこっちゃさっぱり分からん」

はい、もちろん言葉だけでは説明出来ないので、では実際にスイッチバックをご覧いただきましょう。

スイッチバックの駅、篠ノ井線姨捨駅

今回スイッチバックとして登場するのは、こちら

長野県千曲市にある、

篠ノ井線姨捨駅(しののいせんおばすてえき)

です。

「おばすて」

とはこれまたインパクトのある駅名ですが、これは近くにある冠着山という山の別名から取ったようです。

駅の線路が行き止まり

一般的な駅の線路は、中央本線の東京駅のような起終点駅でもない限り、両方向の次の駅に線路が伸びているのですが、姨捨駅の線路は、起終点駅でもないのに、

行・き・止・ま・り~っ!!

まさに、

「なんじゃ、こりゃあ~っ!!」

です。

姨捨駅に到着・発車する列車はどう動くの?

以下の動画で説明しましょう。

撮影した列車は下り列車で、松本駅を出発し、長野駅へ向かいます。駅に到着した列車は、到着時とは反対方向(バック)に動きます。画面の奥の線路に引き込まれ、再び方向転換(次の駅の方向)して本線を走っていきます。反対に長野駅を出発し、松本駅方面へ向かう上り列車は、奥の線路に引き込まれ、方向転換して駅に進入し、再び方向転換して出発します。

通過列車はどうなるの?

この姨捨駅はすべての列車が停車するわけではなく、特急や快速は通過します。通過列車はどこを通るか、と言うと、駅の上り線の横にある本線を通過し、駅には進入しません。

なんでこんなメンドくさい動きをするの?

スイッチバックの駅だと、停車する列車は2回方向転換するわけで、運転士さんは方向転換のために運転席を移動したり、運転室横の窓から身を乗り出して推進(バック)運転しなければならないので負担になるのですが、どうしてこんなことをしなければいけないのか?

 

 

どうしてでしょう?

 

 

 

 

…、

 

 

 

 

…、

 

 

 

 

…、

答:本線上に駅を作ろうとすると、勾配(坂)の途中になり、昔の列車(蒸気機関車)では勾配で停めたら動かせなかったから

上の写真を見て貰うと分かるかと思いますが、姨捨駅は勾配の途中に駅があり、駅のホームと本線(右の線路)にこれだけの高さの差があり、もしこの勾配上に駅を作ったら、昔の蒸気機関車が牽引する列車では停まったら最後、勾配を登れなくなってしまうのです。だから勾配のない平らな場所に駅を作った結果、列車がジグザグに動く特殊な駅が誕生したのです。

姨捨駅をご案内

ではここでスイッチバックの説明を一旦終了し、姨捨駅についてもう少し見ていきましょう。

姨捨駅は標高551mに位置し、上り線のホームからは眼下に善光寺平の眺めが広がります。この眺めは鉄道の日本三大車窓の一つに数えられています。姨捨駅は無人駅で付近に民家が少ないため、列車を日常の足として利用するための駅の利用者は少ないものの、この絶景を目当てに多くの観光客が訪れます。

イヤ、ホント絶景っすよ。

勾配対策以外の理由でスイッチバックになった駅



SPONSERD LINK


篠ノ井線の姨捨駅は勾配上に駅を作れず、平地に駅を作るためスイッチバックとなりました。スイッチバックは勾配の対策以外に、勾配がなく平地でもスイッチバックになった駅があります。
それは何故か?首都圏にあるスイッチバック駅を見てみましょう。

平地のスイッチバック駅、飯能駅

埼玉県飯能市にある西武鉄道池袋線の飯能駅です。

西武鉄道 飯能駅 構内配線略図
By Tawashi2006 with pdv2svgTawashi2006 created from icons in Category:Rail_tracks_map_template., パブリック・ドメイン, Link

当然勾配は無いのに、駅の構造はスイッチバック。既にあった市街地に駅を作るため線路を敷設した結果このようになりました。姨捨駅のスイッチバックを勾配型とするならば、飯能駅のスイッチバックは

路線形成型

と言えるでしょう。以下に飯能駅以外にも、首都圏でスイッチバックが体験できる駅や路線を以下にまとめてみました。慣れている方には何ともない設備でも、経験したことの無い方には目新しいと思います。

首都圏のスイッチバック駅・路線

東武野田線柏駅
小田急江ノ島線藤沢駅
箱根登山鉄道(路線全般。こちらは勾配型のスイッチバック)
富士急行大月線・河口湖線富士山駅

せっかくなので、大阪圏・名古屋圏のスイッチバックも見てみましょう

大阪圏のスイッチバック駅・路線

大阪圏では、奈良県五條市にある和歌山線北宇智駅がスイッチバックでしたが、2007年に解消されました。

名古屋圏のスイッチバック駅・路線

名鉄三河線知立駅
名鉄広見線新可児駅
養老鉄道養老線大垣駅
(※上記の3路線は直通列車の設定はなし)

養老鉄道養老線大垣駅もスイッチバック

と、三大都市圏のスイッチバック駅をまとめていたら、あることに気付きました。
それは…、

我らがっ

 

 

養老鉄道のっ

 

 

大垣駅がっ

 

 

スイッチバック駅

だった事が判明っ!!!!

いや、まあ日常的に利用していたのでそのことは知っていたんですけどね~(^-^)
せっかくなので、養老鉄道大垣駅のスイッチバックをご覧下さい。

養老鉄道大垣駅のスイッチバック

これは桑名方面から大垣駅に入線する列車で、桑名方面から揖斐駅に向かう場合は左側のホームに入線して方向転換する必要があります。養老鉄道養老線は普段全線を直通する列車の設定は無く、大垣駅で乗り換える必要があります。しかし、回送列車や臨時列車では、このように運転をして乗り換えなしで直通運転をしています。

スイッチバックの構造なので、行き止まりです。

まとめ

と、ここまでスイッチバックについて書いて参りました。そのまま真っ直ぐ線路を敷くことが出来れば良かったんですけど、勾配や地形の関係でその様に出来なく、列車がトリッキーな動きをする駅が誕生した訳ですね。しかし、近年は、

車両性能が向上し、勾配でも発車出来るようになった
スイッチバックはその動きの特徴で駅への到着・発車に時間が掛かる
運転手が運転方向を変えるため運転席を移動したりと負担が掛かる

といった理由で解消されつつあります。ので、経験されたい方はなるべく早く足を運ばれることをお勧めします。

最後に、おまけとして、名古屋圏から他の路線に乗り入れるため、駅で方向転換するためスイッチバック運転となる列車を紹介しましょう。

特急ワイドビューひだ
岐阜駅で高山本線に乗り入れるため
特急しらさぎ
米原駅で北陸本線に乗り入れるため

これでちょっと面白いのが特急ワイドビューひだで、岐阜駅で方向転換するのですが、名古屋-岐阜間では乗車時間が20分程度なので、座席が進行方向と反対にセットされています(高山本線での運転方向に合わせています)。

なので、その事情を知らずに名古屋駅から特急ワイドビューひだに乗車すると

「座席のセットが反対になっとるやないか~っ!!!!」

とビックリするかも知れませんが、このような事情によるものだ、とご理解いただければと思います、とまとめて今回は筆を置きたいと思います。最後までお付き合いいただきましてありがとうございました。間もなく、終点、終点でございます。どなた様もお忘れ物の無いようにお仕度下さい。ではまた。



SPONSERD LINK

コメントを残す