JR三江線青春18きっぷで日帰り可能?ルートは福山駅から周遊?

JR三江線の2018年3月の廃線が近付くにつれ、
乗り納め乗車
お別れ乗車
を計画されている方がいらっしゃるかと思います。



SPONSERD LINK


しかし、いざ計画を立てようと思ったら、

列車本数が少なかったり

三江線に乗車するために、三次駅や江津駅までの移動方法をどうするか

そのための乗り継ぎとかをどのようにするか

 

時刻表を前にして考え込んでしまっていませんか?

 

そこで、今回は、筆者が時刻表を眺めていて思い付いたプランをご紹介したいと思います。

 

一体どんなプランなのか?

 

どうぞ最後までお付き合い下さい。

JR三江線青春18きっぷで日帰り可能?ルートは福山駅から周遊?

という訳で、JR三江線の乗車プランの紹介です。まずプランを紹介し、次に内容の説明をしたいと思います。

JR三江線の乗車プラン

路線名 列車番号 行先 出発駅 出発時刻 到着駅 到着時刻
福塩線 221M 府中 福山 5:49 府中 6:32
福塩線 1723D 三次 府中 6:34 三次 8:42
三江線 424D 石見川本 三次 10:02 石見川本 12:18
三江線 426D 江津 石見川本 13:45 江津 14:54
山陰本線 330D 出雲市 江津 15:06 出雲市 17:33

山陰本線

伯備線

288M

832M

岡山 出雲市 17:52 倉敷 22:53
山陽本線 1765M 糸崎 倉敷 23:07 福山 23:48

所要時間 約18時間

 

今回のプランは、

 

JR三江線を

青春18きっぷを利用して

日帰り可能

 

なのを条件としました。すると、広島県の福山駅をスタート・ゴールとする周遊のルートが見つかりました。では、それぞれ乗り継ぐ列車を解説したいと思います。

乗り継ぎ列車の解説

福塩線の列車

福塩線の列車は三次駅への移動の列車です。三江線の列車に乗り継ぐなら、福山駅7:18発の列車でも三次駅9:58着なので間に合いそうですが、列車が遅れた時に乗り継げない可能性と、もう一つの理由で福山駅5:49発としました。
(もう一つの理由は後ほど説明します)

三江線の列車

三江線の列車は、全線を乗り通せるのが1日に上下で3本しかありません。その上、424D~426Dの乗り継ぎ以外は、列車時刻の設定が朝・晩となっています。2018年3月の廃線までの日の出・日の入り時刻を考えると、424D~426Dの乗り継ぎ以外は真っ暗闇になります。全線を通して景色を見られる時間に走っているのは、424D~426Dの乗り継ぎだけとなります。

食料の調達



SPONSERD LINK


こちらの記事で
2017年夏の青春18きっぷシーズン到来!!1日でどこまで行けるの?注意点も。

青春18きっぷを利用する上での注意のひとつに、

 

食事をどうするか

 

を取り上げました。今回の乗車プランは所要時間が約18時間と長丁場になるので、食事の問題が避けられません。三江線を424D~426Dと乗り継ぐ場合、調べてみたら石見川本駅周辺に飲食店や店舗が確認できたので、乗り継ぎ時間から考えると利用出来るかな、と思います。

 

では、石見川本駅以外ではどうか?

乗り継ぎの時間を考えると飲食店での食事は難しそうなので、そうなるとコンビニを利用することになります。そして、

 

駅周辺のコンビニの有無

乗り継ぎ時間

 

から

 

福山駅

三次駅

米子駅(出雲市から乗車した岡山行き288Mが29分停車)

 

で食糧が調達可能と判断しました。

 

福塩線の列車を始発とし、三次駅で乗り継ぎ時間を1時間取ったのも、食糧調達が目的でした。
(これがもう一つの理由です)

まとめ

JR三江線を青春18きっぷを利用して日帰り可能な乗車プラン
広島県の福山駅から周遊ルート
福塩線→三江線→山陰本線→伯備線→山陽本線
所要時間 約18時間

三江線乗車を424D~426Dの乗り継ぎとした理由
全線を乗り通せるのが1日に上下で3本しかなく、今の季節の日の出・日の入り時刻を考えるとこの列車以外は暗闇となる時間帯があり、景色が楽しめない

食料の調達
今回の乗車プランは所要時間が約18時間と長丁場になるので、食事の問題が避けられない

石見川本駅
駅周辺に飲食店や店舗を確認

乗り継ぎ時間でコンビニが利用可能と思われる駅
福山駅
三次駅
米子駅(出雲市から乗車した岡山行き288Mが29分停車)

おわりに-今回の三江線乗車プランの注意点

今回の記事は、2018年3月に廃止となるJR三江線に乗車しようとして、

 

本数の少なさ

乗り継ぎルート

をどうしたらいいか、と考える際の参考になればと思い制作しました。本数の少なさや、青春18きっぷの利用と、制約が多い中でのプランとなっています。このプランは、出雲市から乗車した列車を倉敷駅で降りなければ岡山駅に出られるようになっています。

最後に。

今回の乗車プランは、実行するとなると所要時間が18時間の長丁場になるので、体調に気を付けて下さい。また、冬の山陰方面は天候が荒れることが多く、列車の運休・遅れが発生することが有ります。こういったことにも注意して下さい。

今回も最後までお付き合いいただきましてありがとうございました。次回もよろしくお願いします。ではまた。


SPONSERD LINK

コメントを残す