ナゴヤドーム名古屋から地下鉄アクセスの特徴は?乗り換えが複雑?

名古屋駅からナゴヤドームへ地下鉄で行く場合…



SPONSERD LINK


プロ野球中日ドラゴンズの本拠地で

 

名古屋ウィメンズマラソンのゴールで

 

様々なコンサート・イベントが行われる

ナゴヤドーム

 

名古屋駅からナゴヤドームへ鉄道のアクセスは?

 

と思ってナゴヤドームオフィシャルホームページのアクセスガイドで調べてみると

 

地下鉄

JR

 

の2通りの案内があります。

 

※JRアクセスについては、その特徴についてこちらで紹介しています。
⇒ナゴヤドーム名古屋駅からJRアクセスの特徴は?徒歩は2通り?便利な乗り物も?

ぜひご覧ください。

 

地下鉄の場合はナゴヤドーム前矢田駅から徒歩5分

JRの場合は大曽根駅から徒歩15分

 

です

 

地下鉄の場合、最寄り駅は名城線の

 

ナゴヤドーム前矢田

 

ですが、名古屋駅からだと、名城線に乗り換える駅が

 

東山線の栄駅

桜通線の久屋大通駅

 

と2通りあります。

 

ではこの2通り、どのように違うのか?

 

ナゴヤドームへの地下鉄アクセスの特徴は?

 

今回は、名古屋駅から地下鉄でナゴヤドームへ行く場合の特徴を紹介したいと思います。お出掛けの参考にぜひご利用ください。

ナゴヤドーム名古屋から地下鉄アクセスの特徴は?乗り換えが複雑?

名古屋駅からナゴヤドームへのアクセスで地下鉄を利用する場合、YAHOO!路線情報で調べてみると、最寄り駅となる名城線のナゴヤドーム前矢田駅までの運賃、距離、所要時間は下記のようになります。

  運賃 所要時間 距離
東山線 270円 20分 9.1km
桜通線 270円 20分 8.7km

以上の様に、運賃、距離、所要時間では殆ど差がありませんが、もう少しこの2通りのルートの特徴を見てみることにしましょう。

東山線で栄駅→名城線でナゴヤドーム前矢田駅

このルートの特徴は

 

  • 東山線は運転本数が多いので、栄駅までは待たずに乗れる頻度で電車がやって来る
    (大体4分間隔)
  • 東山線の名古屋-栄間は、名古屋市営地下鉄で最も混雑している
  • 地下鉄の乗り場、名城線への乗り換えが、桜通線に比べるとやや便利

 

ことが挙げられます。混雑については

 

発車間際だと乗車出来ず、次の電車を待つ可能性がある

 

と言った感じになります。

桜通線で久屋大通駅→名城線でナゴヤドーム前矢田駅

このルートの特徴は

 

  • 桜通線は東山線の混雑緩和を目的としているため、東山線ほど混雑せず、座れる可能性もある
  • 地下鉄の乗り場が遠かったり、名城線への乗り換えなど、東山線に比べるとやや不便なところがある
  • 東山線と比較して運転本数が少ない
    (大体10分間隔)
  • 東山桜通線は東山線の混雑緩和を目的としているため、東山線ほど混雑せず、座れる可能性線と桜通線の差は乗り換えの利便性

 

このように、特徴を見ても双方ともあまり差がないので、名古屋駅からならどちらを選んでもいいのですが、1つ違いを挙げるとすれば

 

乗り換えの利便性

 

があります。

違いは乗り換えの利便性

まず、名古屋駅の構造自体が複雑で、不慣れな方には地下鉄の乗り場が分かりにくくなっています。それが桜通線になると、他の地下鉄路線より地下深く線路が走っているため、さらに分かりにくくなっています。その分かりにくさは、以下の駅構内図より確認できます。

 

名古屋駅東山線構内図
 
引用元:http://www.kotsu.city.nagoya.jp/STATION_DATA/campus_img/H08_Nagoya_20170818.gif

 

名古屋駅桜通線構内図
 
引用元:http://www.kotsu.city.nagoya.jp/STATION_DATA/campus_img/S02_Nagoya_20180323.gif

 

桜通線が地下深く線路が走っている、という特徴は名城線の乗り換えにも現れており

 

栄駅は階段を降りる

のに対し

久屋大通駅はエスカレーターを上る

 

となります。こちらも、以下の駅構内図より確認できます。

 

東山線栄駅構内図

引用元:http://www.kotsu.city.nagoya.jp/STATION_DATA/campus_img/H10_Sakae_20180517.gif

 

桜通線久屋大通駅構内図
 
引用元:http://www.kotsu.city.nagoya.jp/STATION_DATA/campus_img/M06_Hisaya-odori_20180104.gif

 

このためか、YAHOO!路線情報で調べてみると、名城線への乗り換え時間は、栄駅は3分で連絡していますが、久屋大通駅は3分では連絡していません。

東山線と桜通線の選び方は?

以上から、東山線と桜通線をどのように選ぶか、は

 

東山線→利便性

桜通線→混雑を避ける

 

といった感じになります。

ナゴヤドーム前矢田駅からの徒歩は長く感じる?



SPONSERD LINK


ナゴヤドームオフィシャルホームページのアクセスガイドでは、ナゴヤドーム前矢田駅から徒歩5分になっています。その流れとしては

 

駅から地上へ出るまで

地上へ出てからナゴヤドームまで

 

に分かれます。両方の特徴を紹介します。

駅から地上へ出るまで

ナゴヤドーム前矢田駅の駅構内図をご覧いただくと

 

名城線ナゴヤドーム前矢田駅構内図

引用元:http://www.kotsu.city.nagoya.jp/STATION_DATA/campus_img/M13_Nagoya_Dome-mae_Yada_20171213.gif

 

改札を出て左へ向かいます。この通路は、個人的な感覚として、距離が300mくらいあると思われます。

地下の通路なので、ちょっと薄暗く感じます。

地上へ出てからナゴヤドームまで

階段・エスカレーターでぐるっと回って上ると地上に出ます。
 

 

さらに階段を上ると、連絡通路がナゴヤドームまで一直線に伸びています。

最初はドームが見えないので、道のりが長く感じるかもしれません。

「徒歩5分」は長く感じる?

徒歩5分

 

というと短く感じるかもしれませんが

 

地下通路は地上までの出口

地上の連絡通路はナゴヤドーム

 

が中々見えてこないようになっているので

 

駅の名前からするとすぐそこ

 

のような印象を持つと、実際には結構歩く感覚になります。

まとめ

名古屋駅からナゴヤドームへの地下鉄アクセスのルート

東山線で栄駅→名城線でナゴヤドーム前矢田駅

桜通線で久屋大通駅→名城線でナゴヤドーム前矢田駅

各ルートの特徴

東山線ルート

  • 東山線は運転本数が多いので、伏見駅までは待たずに乗れる頻度で電車がやって来る
    (大体4分間隔)
  • 東山線の名古屋-栄間は、名古屋市営地下鉄で最も混雑している
  • 地下鉄の乗り場、名城線への乗り換えが、桜通線に比べるとやや便利

桜通線ルート

  • 東山線ほど混雑せず、座れる可能性もある
  • 地下鉄の乗り場が遠かったり、名城線への乗り換えなど、東山線に比べるとやや不便なところがある
    (東山線以上に乗り継ぎに時間が必要)
  • 東山線と比較して運転本数が少ない
    (大体10分間隔)

ナゴヤドーム前矢田駅からの徒歩について

地下通路は地上までの出口

地上の連絡通路はナゴヤドーム

が中々見えてこないようになっているので、駅の名前からするとすぐそこ、のような印象を持つと、実際には結構歩く感覚になる

おわりに

今回は、名古屋駅からナゴヤドームへの地下鉄アクセスについて、その特徴を紹介しました。名古屋駅の構造上、地下鉄への乗り換え経路が複雑になるところがあり、桜通線は地下深くなので遠くなる、といったことが利用上の注意点になるかと思います。

 

また、再度の案内になりますが、名古屋駅からナゴヤドームまでのJRアクセスについては、その特徴についてこちらで紹介しています。
⇒ナゴヤドーム名古屋駅からJRアクセスの特徴は?徒歩は2通り?便利な乗り物も?

併せてぜひご覧ください。

 

今回も最後までお付き合いいただきましてありがとうございました。次回もよろしくお願いします。

 

ではまた。


SPONSERD LINK

コメントを残す