京阪プレミアムカー乗車の感想は?500円はおトク?トイレがない??

期待通りっ!

 

いえいえ

 

期待以上っ!!

 

のクオリティーでした。



SPONSERD LINK


2017年の8月に

  • 運転士気分が味わえる
    「前面展望」
  • 高い位置から景色を眺められる
    「2階建て車両」
  • 有料の座席指定車両
    「プレミアムカー」

 

「乗る」

 

愉しみいっぱいの電車として、京阪電鉄の京阪8000系を紹介しました。

 

↓↓↓こちらで紹介しています↓↓↓
京阪電鉄の8000系は乗り鉄におススメっ!その魅力を徹底解剖!!

 

この中で

 

「前面展望」

 

 

「2階建て車両」

 

については紹介できたんですけど

 

「プレミアムカー」

 

は、この記事を制作した段階では乗車していなかったため、紹介が出来ませんでした。記事の中で

 

「なら乗ってみよう」

 

ということを宣言していて、以来ずっと乗車の機会が訪れるのを待っていましたが

 

色々とあって

 

中々乗りに行く機会がありませんでした。

 

しかし

 

先日、自分のスケジュールのやりくりがついて、ようやく乗車することが出来ました。

 

実際に乗車してみると

 

クオリティーの高さ

 

など色々な事が分かり

 

百聞は一見に如かず

 

とはよく言ったもだ、と思いました。

 

というわけで、今回は

 

プレミアムカーに乗車してみてどうだったのか??

 

感じたことを紹介したいと思います。前回の記事制作から9ヶ月が経過して、やっと書けた続編、ということも踏まえどうぞ最後までお楽しみ下さい。

京阪プレミアムカー乗車の感想は?500円はおトク?トイレがない??

ではまず

 

京阪プレミアムカーはどこを走っているのか?

 

運転本数は?

 

といった、運転面の情報から紹介しましょう。

京阪プレミアムカー情報

運転区間・使用車両

  • 運転区間
    京阪本線・鴨東線 出町柳-淀屋橋
    (※運転時間は1時間弱)
  • 列車種別
    特急
  • 使用車両
    京阪8000系の6号車
  • 1時間あたりの運転本数
    4本
    (※運転区間・列車種別は、運用の都合で一部例外あり)

料金・車内設備

次に、プレミアムカーの料金、設備を紹介しましょう。

  • 料金
    500円・400円
    (※運転区間による)
  • 座席定員
    40名
  • 座席間隔
    1,020mm
  • リクライニング角度
    最大20度
  • その他座席の設備
    大型テーブル
    コンセント
  • その他車内の設備
    無料Wi-Fi
    「ナノイー」発生装置
    アテンダント乗務

京阪プレミアムカー乗車の感想は?



SPONSERD LINK


ここからは

 

実際にプレミアムカーに乗車してどうっだのか?

 

の感想です。

 

良かったところ

 

気になるところ

 

など挙げていきたいと思います。

良かったところ

シートの座り心地

シート形状の

 

座席間隔1,020mm
リクライニング角度最大20度

 

というのは

足元が広く
仰け反るくらいの角度

 

です。さらに、座席は2人-1人配列なので

1人掛けなら隣を気にしなくてもよい

 

のも評価できます。

乗り心地

カーブが多かったり、市街区域を走るなど、他の鉄道と比べてあまり速度が出せないという特徴があります。そのため、揺れが少なく、一般車両でも乗り心地はいいんですけど、その中にあって、今回、敢えて

 

車両の真ん中の席
(座席番号08C)

 

を選びました。台車の上にある車端部より真ん中の方が揺れないこともあって

 

乗り心地は最高で快適

 

でした。

混雑と無縁

京阪電鉄の特急は立席になるほど混雑します。プレミアムカーは

 

座れる

 

上に

 

立席の乗客がいない

ため、空間がゆったりして、静かで落ち着いています。

室内空間を快適にする秘密兵器!?

乗車していた時、室内が

 

何となく適度に潤ってしっとりしている

 

感じがして居心地の良さを感じていました。この記事を書くにあたって、京阪プレミアムカーのことを調べていたら、微粒子イオンで空気を浄化する

 

「ナノイー」(※パナソニック株式会社の商標)

 

発生装置を取り入れている、との事で、体にやさしい感じがしました。

気になるところ

と、ここまでプレミアムカーに乗ってみて良かったところを挙げてみました。次は

 

乗ってみて気になったこと

 

を挙げてみたいと思います。

座席指定券の購入がやや不便

特急を運転している私鉄では、ホームに座席指定券の券売機が設置されています。京阪プレミアムカーは、ホームに座席指定券の券売機が設置されていません。購入方法は

 

予約専用サイト
特急停車駅のインフォステーション

 

で購入します。

 

予約専用サイトは会員登録が必要
インフォステーションは場所が限定される
(特定の改札口)

 

ため、両方とも若干不便かな、と思います。

トイレが無い

トイレの設置は、コストが嵩むので、乗車時間が1時間弱の列車には必要ないと思われますが

 

発車間際に慌てて乗車した
アルコール類を摂取している

 

場合は注意が必要です。

まとめ

京阪プレミアムカーの特徴

京阪プレミアムカー情報

運転区間・使用車両

  • 運転区間
    京阪本線・鴨東線 出町柳-淀屋橋
    (※運転時間は1時間弱)
  • 列車種別
    特急
  • 使用車両
    京阪8000系の6号車
  • 1時間あたりの運転本数
    4本
    (※運転区間・列車種別は、運用の都合で一部例外あり)

料金・車内設備

  • 料金
    500円・400円
    (※運転区間による)
  • 座席定員
    40名
  • 座席間隔
    1,020mm
  • リクライニング角度
    最大20度

その他座席の設備

  • 大型テーブル
  • コンセント

その他車内の設備

  • 無料Wi-Fi
  • 「ナノイー」発生装置
  • アテンダント乗務

京阪プレミアムカー乗車の感想

良かったところ

  • シートの座り心地
  • 乗り心地
  • 混雑と無縁
  • 室内空間を快適にする装置あり

気になるところ

  • 座席指定券の購入がやや不便
  • トイレが無い

おわりに

今回は

 

  • 前面展望
  • 2階建て車両
  • プレミアムカー

 

と、乗る愉しみいっぱいの電車、京阪電鉄の京阪8000系のプレミアムカーを紹介しました。実際に乗車しての感想は

 

1時間弱の乗車時間ではもったいない…

 

と思わせる豪華で快適なひとときを過ごせました。この設備ならば

 

追加で500円払ってもは利用する価値あり

 

と思いました。この記事をご覧いただくことが

 

プレミアムカーに乗ってみるか

 

と思っていただくきっかけになれば幸いです。そして、その快適さを実感して頂けたら、と思いました。

 

最後に。

 

京阪プレミアムカーの専用サイトと車内の様子が分かる動画をご紹介します。

⇒京阪電車 <座席指定>特別車両 PREMIUM CAR|京阪電気鉄道株式会社

動画はこちら↓↓

プレミアムカーの車内設備の様子がよく分かります。

今回も最後までお付き合いいただきましてありがとうございました。次回もよろしくお願いします。

 

ではまた。

 

関連記事
⇒京阪電鉄の8000系は乗り鉄におススメっ!その魅力を徹底解剖!!


SPONSERD LINK

コメントを残す