JR山陰本線は1日で完乗可能?特急利用が必要?上りが厳しい?

JR山陰本線は
快速列車・普通列車のみで
1日で
完乗可能
なのか?



SPONSERD LINK


京都府京都市下京区の京都駅から、中国地方の日本海沿岸(山陰地方)を経由し、山口県下関市の幡生駅に至る、全長673.8 km、西日本旅客鉄道(JR西日本)の鉄道路線(幹線)

 

山陰本線

 

扱いが幹線であるものの

 

ローカルな風情ある車窓

国鉄型車両の現役での活躍

 

が楽しめる路線です。

 

かくいう筆者も一度全線を乗車し、車窓、車両などその魅力を存分に味わいました。

 

それならば

 

自分もその魅力を味わってみたい!!

 

とか

 

乗り鉄として山陰本線の完乗を目指そう!!

 

と思い立ってみたものの

 

のんびりと巡りたいけど、時間が掛かりそう…

 

だからまとまった休みが取れればいいけど、仕事や学校があるから取るのが難しい…

 

それならば

 

最短で完乗を目指そう

 

とした場合

 

山陰本線は1日で完乗が可能なのか?

 

また

 

京都から完乗を目指す下り

幡生から完乗を目指す上り

 

下り上りでどんな違いがあるのか?

 

今回は乗り継ぎプランを考えてみました。山陰本線乗り鉄の旅、どうぞ最後までお楽しみ下さい。
※運賃は記事制作時点のものです。

№116
JR山陰本線は1日で完乗可能?特急利用が必要?上りが厳しい?

乗り継ぎプランの条件は?

今回の山陰本線完乗を目指す乗り継ぎプランの条件は

  • 2019(平成31)年3月ダイヤ改正の時刻表
  • 利用する列車は快速列車・普通列車
    (JRを乗り降り自由で格安で列車の旅を楽しめる、青春18きっぷや秋の乗り放題パスの利用を前提)
  • 長門市駅-仙崎駅の仙崎支線は除く
  • 臨時列車は使わない

としました。

 

それでは、下り、京都駅から出発してみましょう。

 

下りの乗り継ぎプランは?

出発駅 出発時刻 到着駅 到着時刻 備考
京都 6:37 福知山 8:38  
福知山 8:54 豊岡 10:09  
豊岡 10:11 浜坂 11:18  
浜坂 12:01 鳥取 12:46  
鳥取 14:02 米子 15:46 快速アクアライナー
米子 15:48 出雲市 17:11  
出雲市 17:50 浜田 19:57  
浜田 20:05 益田 20:52  
益田 21:27 東萩 22:41  

下りの場合は東萩駅まで、ということになりました。

上りの乗り継ぎプランは?

次は、上り、下関駅から出発してみましょう。

出発駅 出発時刻 到着駅 到着時刻 備考
下関 5:39 益田 9:54  
益田 12:30 米子 16:18 快速アクアライナー
米子 16:52 鳥取 19:02  
鳥取 19:46 浜坂 20:31  
浜坂 20:34 豊岡 21:46  
豊岡 22:13 福知山 23:22  

上りの場合は福知山駅まで、ということになりました。

 

ということで、快速列車・普通列車のみとした場合

 

1日では完乗出来ない

 

という結果となりました、残念。

ワープを使ったら1日で完乗可能?

それでは、青春18きっぷや秋の乗り放題パスの魅力のひとつである

 

JRを格安で列車の旅を楽しむ

 

という趣旨からは外れてしまうものの

 

ワープ
(別料金を追加して、行程の一部で特急を利用)

 

を使ったら1日で完乗できるのか?プランを作ってみました。
※特急は自由席を利用

下りの乗り継ぎプランは?

※鳥取までは快速列車・普通列車のみの場合と同一行程

出発駅 出発時刻 到着駅 到着時刻 備考
鳥取 12:58 倉吉 13:58  
倉吉 14:08 米子 14:38 特急スーパーおき5号
米子 14:44 益田 18:49 快速アクアライナー
益田 21:27 長門市 21:00  
長門市 21:03 下関 23:08  

追加料金:2,190円
(運賃990円+特急料金1,200円)

上りの乗り継ぎプランは?

※益田までは快速列車・普通列車のみの場合と同一行程

出発駅 出発時刻 到着駅 到着時刻 備考
益田 10:31 大田市 11:45 特急スーパーおき2号
大田市 12:20 出雲市 13:00  
出雲市 13:19 米子 14:56  
米子 14:58 鳥取 17:20  
鳥取 17:22 浜坂 18:06  
浜坂 18:28 豊岡 19:35  
豊岡 19:35 福知山 20:59  
福知山 21:09 園部 22:15  
園部 22:17 京都 22:59  

追加料金:2,890円
(運賃1,690円+特急料金1,200円)

 

青春18きっぷや秋の乗り放題パスの利用を前提としているため、特急の利用区間はなるべく最小限にしてみましたが

 

ワープを使えば下り上りとも1日で完乗できる

 

という結果となりました。

乗り継ぎは上りが厳しい?



SPONSERD LINK


山陰本線は起点の京都駅と終点の下関駅(路線の終点は幡生駅)では列車本数が大きく異なり、起点の京都駅側はそれなりの列車本数がある区間があるものの、終点の下関駅側は列車本数が少なくなります。

 

今回の乗り継ぎプランでは、下関駅5:39発ですが、その次の6:41発では

 

益田駅着が15:06
(東萩駅で4時間の待ち合わせがあるため)

 

また

 

下関駅6:41発の次に益田駅まで最短時間で行ける列車の発車時刻は?

 

となると

 

下関13:44発

 

 

5:39発を逃すと8時間待ち

 

となり

 

乗り継ぎは上りが厳しい

 

ことが分かりました。
(※下りなら益田駅13:28発があり、これから乗り継いでいけば下関駅に17:25に到着します)

 

さらに

 

益田駅-長門市駅

 

は、山陰本線で列車が最も少ない区間で、列車本数の少なさが乗り継ぎを更に難しくしています。

まとめ

JR山陰本線は1日で完乗可能?特急利用が必要?上りが厳しい?

  • 山陰本線は1日で完乗が可能なのか?
    ⇒快速列車・普通列車のみとした場合は不可
    (一部で特急を利用すれば達成可能)
  • 乗り継ぎは上りが厳しい?
    ⇒益田駅-長門市駅は山陰本線で列車が最も少ない区間で、特に上りは下関駅5:39発の次に益田駅まで最短時間で行ける列車は13:44発で8時間待ちとなる
    (6:41発では東萩駅で4時間の待ち合わせがあるため、益田駅着が15:06)

おわりに

今回は

 

国鉄型車両が現役で活躍し、筆者もその魅力を存分に味わって来た山陰本線

 

 

青春18きっぷや秋の乗り放題パスの利用を前提

 

として

 

快速列車・普通列車のみの利用で1日で完乗できるのか?

 

を検証してみました。

 

結果は

 

快速列車・普通列車のみの利用では1日で完乗できない

 

ということが分かりました。

 

また、上りは

 

早朝の始発を逃すと次が実質8時間後となる

 

など、乗り継ぎの難度が下りと上りで大きく差があるのも特徴です。なので、山陰本線完乗を上りから始める場合は注意が必要です。

 

☆関連記事
記事の途中に出て来た、JRを格安で列車の旅を楽しめる青春18きっぷについて紹介しています。
⇒2017年夏の青春18きっぷシーズン到来!!1日でどこまで行けるの?注意点も。

青春18きっぷや秋の乗り放題パスで、あえて別料金を負担して新幹線や特急を利用する利点について紹介しています。
⇒青春18きっぷ別料金追加で新幹線併用?その利点は?

併せてご覧下さい。

 

今回も最後までお付き合いいただきましてありがとうございました。次回もよろしくお願いします。
ではまた。


SPONSERD LINK

コメントを残す