平賀源内が最初に言い出した!?夏バテに効く、「土用の丑に鰻を食べよう」。

暑い日が続き、夏バテ気味の方、必見です。



SPONSERD LINK

暑い日が続きますね、暑中お見舞い申し上げます。

みなさん、夏バテしていませんか?

夏バテ対策には、

水分を多く摂ったり
涼しく過ごす工夫をしたり

いろいろあります。今回は、その中のひとつ、土用の丑の日に鰻を食べるようになったいきさつをご紹介しましょう。

冷たい麦茶がいちばん

悪魔(以下、悪):「あ~っ、暑ち~ぞ、ボケーッ」

ガラ悪天使(以下、天):「あ~っ、暑ち~ぞ、ワレーッ」

急行かすが(以下、私):「ちょ、ちょ、ちょっと~、2人とも、何ダレてるんですか~?」

悪:「バカヤロー、オメーッ、こう暑うては気合いなんか入るかいっ、ボケーッ」

私:「いや、日本の夏が暑いのは当たり前でしょう…」

天:「暑うてバテてもうたわい、ワレーッ」

私:「もう、仕方ないですねえ。今、冷た~い麦茶用意しますから、飲んで涼んで下さいな」

トトトトトトトト…

悪・天:「(ゴキュッ、ゴキュッ、ゴキュッ、ゴキュッ、)」

悪:「プハ~ッ、うめーっ!!」

天:「この冷たさが、五臓六腑に染み渡らあ~っ!!」

私:「あ~、どうやら落ち付いたようですねえ」

悪:「一息付いたところで、のう、急行かすがよ」

私:「はい、何でしょう?」

鰻が食べたい

悪:「確かよぉ、夏の暑い時ってよぉ、何か『鰻を喰おう』とかって言わねぇか?」

私:「あ~、よく耳にしますねえ」

天:「わ~、鰻、鰻、鰻喰わせろ~っ!!」

私:「ま、ま、待って下さいよ~。鰻って、年々価格が上昇して高いんですから、そう簡単に食べられないですよ…」

天:「何じゃいっ、ケチ」

私:「(『ケチ』って…)」

悪:「その、何や、『土用の丑に鰻を喰おう』っつう習慣、いつ頃から始まったんや」

天:「そんなもん、どっかの鰻関係の何とか団体とか言う所が呼び掛け出したんちゃうんかい」

私:「う~ん、まあ、色々な説があるんですけどねえ…、有名な一つが、江戸時代の中頃から始まった、っていう説があるんですよ」

悪:「ほ~、そんなに古いんか、で、その言いだしっぺは、誰や」

平賀源内はこんな人

私:「平賀源内

悪:「平賀…?」

天:「源内…??」

悪:「って、オメーッ、平賀源内って『エレキテル』を開発した発明家じゃねえかよ。何でソイツが鰻と関係あるんやっ。説明せぇや」

私:「あ~、はいはい、分かりました。え~、確かに、平賀源内は、現代ではエレキテルを発明した発明家として有名ですが、

小説を書いたり、

絵を描いたり、

お医者さんだったり、
いろいろな才能のあった人だったんですよ」

天:「ふえ~っ、多才な奴っちゃなあ」

「土用の丑に鰻を食べよう」の誕生エピソード



SPONSERD LINK

私:「で、ですね、こういった夏の暑いある日、売り上げ不振に悩む鰻屋さんの主人が、源内の多才な活躍ぶりを耳にして、売り上げを伸ばすにはどうしたらいいか相談したんですよ」

悪:「そんなもん、オメー、売り上げ不振なんざ、鰻屋の怠慢ちゃうんけ」

私:「(そんな身も蓋もない事を…)相談を持ち掛けられた源内は、紙に

『土用の丑は鰻を食べよう』
てキャッチコピーを書いたんですよ。それで鰻屋の主人に、

『これを店の入り口に掲げて客を呼び込みなさい』
てアドバイスしたんです。早速鰻屋の主人は店に掲げて

『暑い夏は栄養いっぱいの鰻を食べて精を付けましょう』

なんて言って呼び掛けたら、結構繁盛して、この出来事が土用の丑に鰻を食べる習慣のきっかけになった、って言われてるんですよ」

天:「何か、出来すぎた話しじゃのう。ちゅうか、ワレは、実際に江戸時代の現場を見て来たような物の言い方をするのう」

私:「ま、大体推測で書いてみました」

鰻が夏バテに効く根拠

悪:「で、鰻って、そんなに栄養豊富なんかい」

私:「う~んとね、鰻はビタミンA・B群が豊富で、夏バテに効くそうです」

天:「ほ~、ちゃんとした根拠があるんじゃのう」

悪:「ここまでおめぇの話しを聞いとって思ったんじゃがのう」

私:「はい、何でしょう?」

悪:「平賀源内は発明家であって、コピーライターでもある訳じゃのう」

私:「ええ、そうですね」

悪:「平賀源内はよお、ドクター中松糸井重里を足しっぱなしにしたような奴っちゃのう」

私:「(何じゃ、その表現…)」

平賀源内の最期

天:「で、その後の源内って、他に何かやったんかい」

私:「そうですね、あと、『解体新書』を翻訳した杉田玄白にアドバイスをしたり、秋田藩で鉱山開発に携わったりしたんですよ。でもね…」

悪:「でも、何じゃい」

私:「源内は、エレキテルを作った頃から精神が不安定になって、些細なことで友人を殺害してしまって投獄されて、最後は獄中で亡くなったそうですよ」

悪:「…、何か波乱万丈な運命の宿命みたいじゃのう、考えさせられるのう…」

天:「多才さゆえの末路、ちゅうことかい」

私:「でもですね。一方で、我々は源内の活躍を知ることで、今の時代でも、こうして源内が生きた証に触れられるだけのものを残しているのは事実だし、立派だと思います」

鰻以外に食べるなら

悪:「そうじゃのう。とこれでよお、鰻の他に夏バテ防止に効く食べ物って、何かあるんかい」

私:「そうですねえ、まあ、頭が『う』繋がりで、牛の肉も良いって言いますね」

天:「牛丼とかかい」

私:「そうです。動物性タンパク質も夏バテに効くんですよ」

悪:「よし、今から牛丼喰いに行こ、行くぞ」

私:「え~、何か、話しが急ですねえ。行くのは吉野家ですか?」

悪:「すき家もあるぞ」

天:「牛、ちゅうたらマクドのハンバーガーもあるぞ」

私:「coco壱のカレーにハンバーグのトッピングもいいですねえ」

悪:「ハンバーグならブロンコビリー」

天:「焼き肉もええのう」

栄養のあるものをたくさん食べましょう

悪:「結局、夏バテには、栄養あるもんをた~んと喰うのが一番、ちゅうことかい」

私:「そう言うことですね」



SPONSERD LINK

コメントを残す