B’zライブのチケットが入場引換券になった時期は?理由は転売防止?

LIVE-GYMのツアータイトルも決まり、ニューアルバムのリリースも決定しました。



SPONSERD LINK


LIVE-GYMの開催、アルバムのリリースとも約2年半ぶりで、ファンの皆様は、今や遅しと、首を長くして待っていたのではないかと思います。

 

チケット代金の決済が完了したら、申し込んだ公演の2週間前を目安にチケットが届くようになっています。しかし、この時手元に届くチケットは、

 

入場引換券

 

と言って、席番は印刷されていません。

 

かつては席番が印字されて、チケットが手元に届いた段階で、自分の席が

 

アリーナか
スタンドか

 

分かったのですが、今は手元に届いた段階ではまだ分からないようになっています。

 

では自分の席がどこか分かるのはいつなのか?

チケットが入場引換券になったのはいつなのか?その理由は?

 

今回はチケットを手にされた時に感じられる疑問を解説していきたいと思います。どうぞ最後までお付き合い下さい。

B’zライブのチケットが入場引換券になった時期は?理由は転売防止?

かつてはB’zのライブのチケットは、このように席番が印刷されていて、会場案内図も同封されていたので、チケットが手元に届いた段階で、自分の席がどこかが分かるようになっていました。

入場引換券になったのは2010年

チケットに席番が印刷されず、入場引換券になったのは2010年のライブからでした。

2010年はチケットのルールが大幅に変わった年

2010年はチケットのルールが大幅に変わった年で、次のような変更がありました。

①座席カテゴリーの細分化

2008年までは、B’zのスタジアムサイズ(東京ドームなど)のライブの座席は、

 

S席(アリーナ、スタンドの中段あたりまで)
A席(スタンドの後方、高所)

 

の2種類でした。そのため、

 

ステージの一番前でも
スタンドでも

 

観覧位置が大幅に異なっても料金が変わりませんでした。その不公平感を是正するためなのか、2010年のライブでは、

SS席(アリーナの前列)
S席(SS席以外のアリーナ、スタンドの中段)
A席(スタンドの後方)
B席(スタンドの高所)
C席(スタンドの最高所・最後方)

 

と座席カテゴリーを細分化し、料金も観覧位置に相応の設定となりました。

②SS席のチケット購入者チェックの厳格化

臨場感と迫力を堪能出来るSS席は一般発売は行わず、ファンクラブの優先予約のみの扱いとなりました。その申し込み方法は、

 

同伴者がいる場合は同伴者の氏名も登録
入場時は顔写真付きの身分証明書が必要
事前登録者と来場者が一致しないと入場不可

 

というものになりました。

入場引換券になった理由は?-転売防止-

では、ここからはチケットが入場引換券になった理由を解説したいと思います。

これはファンクラブ会報の優先予約案内にもありますが、

 

転売防止のため

 

です。

転売禁止となっているにも関わらす、チケットの転売目的でファンクラブに入会し、入手したチケットをネットオークションや金券ショップへ転売する行為が年々目立ってきたため、転売防止の対策として

 

チケットが手元に届いた段階では座席がどこか分からない
本人確認を厳格化

 

するようになりました。

自分の席がどこか分かるのはいつなのか?



SPONSERD LINK


座席カテゴリーが細分化され、申し込みの段階である程度の座席位置が分かるようにはなりましたが、S席は結構範囲が広いので、自分の席が

 

アリーナか
スタンドか

 

気になると思います。それが分かるのは

 

座席券

 

が発券された時となります。

座席券とは?

入場ゲートで発行される座席番号が印字されたチケット。入場引換券を会場に持って行き、入場ゲートでバーコードを読み取る時に発券される(ここで自分の座席位置が分かる)。

決済後のキャンセルの方法は?-マッチングシステムの導入-

2010年からのルール変更は、転売防止対策が目的となっています。それは営利目的の転売に対する対策なのですが、転売の理由には、営利目的ではなく都合が悪くなったというケースもあります。その場合への対応として、参加出来なくなってしまった公演チケットの買い手をファンクラブ側で検索する

 

マッチングシステム

 

が導入されました。都合が悪くなりライブに参加出来なくなった場合は、このシステムを利用するようになりました。

まとめ

ライブのチケットが入場引換券になった時期

2010年のライブから

2010年のチケットルール変更の内容

座席カテゴリーの細分化
SS席のチケット購入者チェックの厳格化

入場引換券になった理由

転売防止のため
(転売禁止となっているにも関わらす、チケットの転売目的でファンクラブに入会し、入手したチケットをネットオークションや金券ショップへ転売する行為が年々目立ってきたための対策)

自分の席がどこか分かるタイミング

座席券が発券された時

決済後のキャンセルの方法

マッチングシステムを利用する
(参加出来なくなってしまった公演チケットの買い手をファンクラブ側で検索するシステム)

おわりに

今回は、変更の経緯を解説してみました。B’zのライブのチケットが

 

入場引換券になった時期
その理由

 

を、チケットのルール変更の経緯を基に解説してみました。詳細はファンクラブの会報に案内があるのでそちらをご参照下さい。B’zのライブのチケットが、このような変遷を辿っている事を知る一助になればと思います。最後までお付き合いいただきましてありがとうございました。


SPONSERD LINK

コメントを残す