三上山はその見た目から「○○○○山」と命名!?【ぼうけんのたびにでよう】2009 season 2- 6

ぼうけんのたびにでよう2009 season 2- 6
サブタイトル 気になっていたところを巡れて大満足



SPONSERD LINK

京都駅を散策して、今度は敦賀行きの新快速に乗車しました。お盆と青春18きっぷのシーズンが重なり、車内は立客もでるほど混雑していました。そんな車内で、「米原に着くまでにどこかで途中下車しようか」と景色を眺めながら考えていました。

途中下車先を考え中

でも、どこで降りよう…。

適当な駅で降りて、琵琶湖でも見に行こうか…。

琵琶湖なんて何回でも見られるしなあ…。

色々考えあぐねていたら、車窓にある景色が飛び込んできたのを見て、「そうだ、一度ここへ行ってみよう」と思って野洲(やす)駅で途中下車しました。

さて、どんな場所でしょう。続きは次回…

おい、これが最終回ちゃうんけ~!!
(# ゚Д゚)つ〃∩ ゴルァ!ゴルァ!ゴルァ!

…失礼しました、続き書きます。

野洲駅で途中下車

まずは野洲駅から、途中新幹線の高架をくぐって国道8号線まで行きます。ガソリンスタンドがある国道とのT字交差点を、右(だから大津方面)に曲がって、道なりに歩くこと約15分ほどして、「行ってみよう」と思った景色が見えてきました。写真の三上(みかみ)山(別名近江富士、標高424m)です。

三上山に到着



SPONSERD LINK

で、何で三上山に行きたかったかというと、自分が住んでいる所から京都・大阪方面に行くとき必ず目にする山で、物心ついてはじめて見たとき、この独特の山容が鮮烈なイメージとして焼き付いていて、その時父に「おとーさん、おむすびやま~」と言ったのを覚えており、機会があったら一度間近で見てみたいと思っていたからです。

おむすびやま、です。

こんな間近で見られて、感激です~。しばらくうっとりと見入っていました。べっぴんさんは、遠くから見ても近くで見てもべっぴんさん…なんてね(^^ゞ

「おむすびやま~、ありがと~、ありがと~」となぜか心の中で叫び、再び野洲駅まで歩いて行きました。

写真を見ても分かるように、この時、空は抜けるような青空でした。お盆でこんなに天気が良かったら暑くて暑くて仕方がないはずですが、前回の京都駅散策でも書いたように、それほど暑くなく、時々心地よい風が吹いて、とても気持ちよかったです。普段、会社の事務所に閉じこもってパソコンと向き合って仕事をしているので、たまにはこうやって青空の下を歩いて、肉体・精神を洗濯させるのがとても大事なことだと思いました(じゃないと病気になっちゃう)。

epilogue

野洲駅から敦賀行きの新快速に乗車。車内は相変わらず大混雑でした。そして、米原に着くと、乗客のほとんどは、大垣行きに乗り換えるため、ホームでは短距離走大会が繰り広げられることになりました。

米原からの大垣行きは、かつて新快速・快速で活躍した117系です。鋼製車体、2扉転換クロスシート、昭和の面影を色濃く残す電車は、スピード重視の昨今、「ゆっくりでいいから、確実に前に進もう」と語っているようでした。

以上、6回シリーズの「ぼうけんのたびにでよう2009 season 2」でした。

さあ、今度はどこへ行こうかな…。



SPONSERD LINK

コメントを残す